search

(2013年5月31日)

日本の総理について

Author: admirer

日本の総理にはどのような人物が望ましいのか、また将来はどのような人物がなるのかとても良いのか多くの関心があります。
総理は、日本を主導していく立場にあり外交などで海外のトップと会談などを行いとても良い関係を築くことが求められます。
日本は海外との関係に注意をして、とても良い関係を築くことが必要になります。総理は国内だけなく、海外にも注視していかなくてはならない立場にあります。総理は国民投票で選ぶのがとても良いという意見も出てくるようになってきています。
こうした国民の投票で選ばれることはまだ実現性は低いですが、将来としてはどうなるかは分かりません。また若い世代の総理や女性の総理が将来生まれる可能性もあります。女性の政治家については日本では数が少ないことが特徴です。
今後はもっと女性が政治の場で目立つことも必要になってきています。若い世代のトップリーダーが生まれるようになると、日本の政治に変化を期待することができます。
そのためには若い世代が政治に興味を持ったり、投票に行くことが必要になります。
若い世代の政治への無関心さや低い投票率は大きな課題です。

ベストフレンド法律事務所は法の保護から漏れている人々に親しみやすいリーガルサービスを提供します。
弁護士費用はもちろん分割可能、休日・夜間・深夜も問い合わせができる貧民のための弁護士事務所です。

インターネットからの投票も将来は可能になるように期待したいところですが、現時点ではほとんど可能性がない状態です。
また総理の存在について、海外からみると毎年のように変わることが問題の一つです。日本のトップが毎年のように交代するのはとても良いことなのか良くないことなのか一概には言えませんが、海外からみると特殊な状態になります。
日本ではあまり一人の人物に権力が集中しない様になっているのが特徴です。総理には、大きな権限が他の国に比べるとあまりないことになります。
今後の日本の政治の大きな論点は、世代間の格差をどのようにバランスをとるかという問題があります。現役世代の負担が過度に重くならないよう配慮することも必要であり、総理だけなく若い年代の政治家に期待することが必要です。

内閣府の仕事と権限について

内閣府の仕事と権限について説明します。
内閣府の仕事についてです。内閣府は、国会で制定された法律を執行する役割があります。
法律の執行は、行政の為です。
景気安定の為の経済政策や公共事業、年金などの社会保障や環境保全など国民生活のあらゆる分野に及びます。
内閣府は、外交関係を処理して外国と条約を決める権限があります。条約の調印後は国会の承認が必要です。
その他では、予算の発案権があります。各省庁の予算原案を閣議で決定後、国会に提出します。
憲法や法律の規定を実施するために政令の制定をします。政令は、罰則や義務を定めたり権利の制限はできません。
最高裁判所長官を指名し、その他の裁判官の任命もします。最高裁判所の任命は天皇がします。
天皇の国事行為には必ず内閣府の助言と承認が必要になります。
内閣府がその責任を追う形になっています。
また恩赦の決定も行います。
恩赦とは、司法権によって科せられた刑罰を減免することです。裁判所が犯罪人に科した刑に内閣府がその刑を消滅させたり減らしてあげることです。恩赦の対象になる人はほんの一部の人です。
服役中ですが、十分に反省していて人間的に社会復帰しても全く問題がないと更生されている人です。
恩赦は天皇即位や、皇太子ご夫妻ご成婚などめでたい行事の際に行われます。また内閣府は統括する省庁には任せることができない仕事があります。
独立した行政委員会が中立性の確保の為に必要な仕事を行います。どのような委員会があるかというと、人事院、国家公安委員会、公正取引委員会、中央労働委員会があります。人事院は採用試験の企画立案など公務員の人事管理などを行っています。国家公安委員会は、国務大臣が委員長であり5人の委員の計6人で構成される合議制の行政委員会です。公安委員会は警察庁を管理しています。
公正取引委員会は独占禁止法に基づく市場のチェックをする機関です。中央労働委員会は、労働関係調整法に基づく労働争議の調整などをする機関です。